後々の問題について

後遺症から後遺障害に認定をする場合、幾つかの問題がありますのでその点をしっかりと抑えて認定、そしてその後のことを考えるようにしてください。弁護士などの専門家に相談をすることで適切な処置をすることができるようになりますので、相談をするようにしてください。

1つ目の問題として認定をさせないといけません。後遺症から後遺障害に認定してもらうためにはまず症状固定を医師からもらわないといけません。これを認定するにしても基本的には1ヶ月以上必要になり、結構時間がかかります。また、認定に必要な書類などが必要になります。弁護士と医師と共にしっかりと用意して認定をするようにしてください。書類関係によって等級が決まるので、細かな書類を用意して適切な等級を獲得するようにしてください。

2つ目に交通事故の後遺障害として賠償金を貰うことです。上記で言いました症状固定が結構な日にちを使うので、それまでに全部終わってしまってはダメです。ですから、それをさせないように弁護士の協力が不可欠です。必ず後遺障害の等級認定を行ってから交通事故を解決しないと賠償金がもらえない状態になりますので注意です。また、誰かが勝手に決めるといったことを避けるようにしてください。

参考資料|交通事故での後遺障害等級認定〔交通事故被害者救済サイト〕